ツアーコンダクターになりたい方むけ仕事情報

ツアーコンダクター(業務内容・形態・良い点・悪い点など)

働く女性

 

旅行が好きな人は、全国各地・世界各地を飛び回る仕事がしたい!と一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

 

パイロット・CA・バスガイドなど様々な旅行関係の仕事がありますが、身近な職業としてツアーコンダクターという仕事がありますね。
このサイトは、今後ツアーコンダクターを目指す方向けに必要な情報をまとめました。

 



 

(1)ツアーコンダクターとは
(2)ツアーコンダクターの業務内容
(3)ツアーコンダクターの所属形態
(4)ツアーコンダクターの平均給料
(5)ツアーコンダクターに必要な資格・学歴
(6)ツアーコンダクター経験者に聞いた!この仕事の良い・悪い!
(7)未経験からツアーコンダクターになるには

 

 

(1)ツアーコンダクターとは


働く女性

 

旅行会社などが主催するツアーに同行し、ツアーがスムーズかつ安全に進むように管理する仕事です。
お客様が旅行を楽しんでいただけるよう、様々なサポートを行っていきます。

 

最近は「ツアコン」とも略して呼ばれますが、「(旅行)添乗員」と言った方がイメージが付きやすいかも知れません。

 

国内ツアーを担当する国内ツアーコンダクターと、海外ツアーを担当する海外ツアーコンダクターがあります。
一般的には、国内ツアーで経験を積んだ後、海外ツアー担当にキャリアアップする人が多いです。

 

ツアー先の観光スポットに関する知識はもちろん、海外ツアーコンダクターの場合は、一定の英語力が必要となります。

 

 

(2)ツアーコンダクターの業務内容


働く女性

 

ツアーコンダクターの業務内容は多岐に渡りますが、主な仕事は以下のようなものです。

 

  • 旅行会社との打ち合わせ
  • ツアースケジュールの時間管理と調整
  • 現地ガイドやバスガイドとの打合せ、調整
  • ドライバーとの打合せ、調整
  • 利用施設(ホテルやレストランなど)の予約手続き
  • 観光イベントの確認
  • トラブル対応
  • そのほか、ツアーが安全に円滑に進むための調整

 

 

(3)ツアーコンダクターの所属形態


働く女性

 

ツアーコンダクターとして活躍している方は、「旅行会社」か「添乗派遣会社」に所属しています。
現在は、ほとんどが「添乗派遣会社」に所属したツアーコンダクターです。

 

旅行会社の社員
 旅行会社に所属します。
 内勤業務が中心で、ツアーに自ら同行することは少ないです。

 

添乗派遣会社の添乗員
 添乗派遣会社に所属し、旅行会社が主催するツアーに派遣されて添乗します。
 現在活躍しているツアーコンダクターのほとんどは、この形態になります。

 

 

(4)ツアーコンダクターの平均給料


電卓

 

平均年収は300万円〜400万円が相場です。
給与水準は他の職種と比べ、決して高くはありません。
ほとんどのツアーコンダクターは派遣で仕事を受けるため、月収で言えば繁忙期は30万円を超えることもありますが、閑散期は10万円程度の時もあります。
現役ツアーコンダクターの方からは、「業務内容に対して給料が少ない」という意見も良く聞かれます。
ツアーコンダクターとして活躍している方は、どちらかというと給料の額よりも、「旅行」「観光」「接客」に携わる仕事の内容にやりがいを感じて頑張っている方が多いです。

 

 

(5)ツアーコンダクターに必要な資格・学歴


働く女性

 

◎ツアーコンダクターに必要な資格

旅程管理主任者資格
 旅行会社のツアー旅行などに同行する主任ツアーコンダクターに、資格取得が義務付けられています。
 「国内旅程管理主任者資格」は国内のみの添乗、「総合旅程管理主任者資格」は国内・海外とも添乗が出来ます。

 

 ただ、応募時に取得しておく必要はありません。

 

 ほとんどの添乗派遣会社では、入社後に一定の研修を受けて最後に試験を受けることで資格を取得することが出来るようになっています。
 試験の難易度も高くは無く、ほとんどの方が一回で合格出来ます。

 

◎ツアーコンダクターへの応募に必要な学歴

 添乗派遣会社では、一般的に高卒以上から応募可能です。
 大手の旅行会社が新卒を採用する場合は、四年生大学卒・短大卒・専門学校卒などの条件がある場合が多いです。

 

 

(6)ツアーコンダクター経験者に聞いた!この仕事の良い・悪い!


働く女性

 

◎ツアーコンダクターの仕事の魅力・ココが良い!

  • 何といっても全国(世界)各地の観光地へ無料で行けるのが一番のメリットだと思います。
  • ツアー中は食事が付いてくることが多かったので、各地のグルメを味わえた。
  • ツアー中に立ち寄るお店には、お土産品をサービスで頂くなど良くしてもらえました。
  • マイレージがたまるので、個人旅行の時にお得だった(海外添乗員の話)。
  • 免税店で「旅程管理主任者証」を提示すると割引(10%程度)が適用されることがあるので、ブランド品は免税店でばかり買っていました。
  • よくも悪くも自分の都合でスケジュールが調整出来ます。私は忙しい時期に出来るだけ仕事を入れて頑張り、仕事の少ない冬は割り切ってゆっくり休んで自分の時間を作り、スキルアップの為英語の勉強をしていました。友人のツアコンは、アルバイト感覚で月に一度程度仕事を入れていました。
  • お客様から「楽しかった!」と言われるのが一番の喜びでした。
  • 自分ではなかなか行けない様々なところに行くことができて知識も広がり、よい経験になった。
  • 旅行慣れしているので、個人旅行や家族旅行の手配がスムーズに出来るようになった。

 

 

◎ツアーコンダクターの仕事の大変なところ・ココが悪い!

  • 時間が不規則で体調を崩してしまった。
  • 時期によって仕事が無い場合があり、収入が不安定だった。
  • ツアーが始まると終了まで、お客様の対応に追われ大変。夜中にお客様が体調を崩したり、酔ってトラブルを起こしたりすることもあるので、気が休まる時間がありませんでした。
  • わがままなお客様に当たったときは、ツアーの間中苦情やクレームを言われ苦痛でした。
  • ツアー開始から終了まで、拘束時間が長い。
  • とにかく体力のいる仕事。若いうちはいいが、ずっと続けていけるか心配。
  • 仕事内容は多いが、給料が少ない。わりに合わない。

 

(7)未経験からツアーコンダクターになるには

 

 

働く女性

 

未経験でも、ツアーコンダクターになることは可能です。

 

添乗派遣会社には経験者優遇の会社もありますが、未経験の方も幅広く採用し、研修制度を充実させてツアーコンダクターとして多くの人材を輩出している会社もありますので、そういった会社を上手に利用すれば未経験の方でもツアーコンダクターになるチャンスは充分にあります。

 

実際に別の職種(事務職・接客・営業・サービス など)からキャリアチェンジしてツアーコンダクターを目指す方も多いです。

 

ツアーコンダクターは男女の性別問わず活躍出来る仕事であり、幅広い年代の方が活躍されていますので、転職を希望する方にも人気の職種です。
30代から転職して国内ツアーコンダクターとして働きながら空き時間に英語を勉強し、現在では世界を飛び回り活躍する海外ツアーコンダクターもいます。

 

◎未経験者でも応募可能な会社

未経験者歓迎で研修・育成制度も充実している会社でいうと、旅行綜研(りょこうそうけん)が有名です。

旅行綜研

 

40年以上で約6,000人の国内・海外ツアーコンダクターを育成、輩出している会社です。
未経験・新卒・既卒問わず幅広く採用実績があり、中高年の方のキャリアチェンジも応援している会社なので、経験はないけどツアコンとして働きたい!という熱意のある方は最適だと思います。

 

全国で随時採用説明会が実施されているので、ツアーコンダクターの仕事に魅力を感じている人は、一度参加してみてはいかがでしょうか

 

(説明会開催地:東京・大阪・名古屋・札幌・仙台・広島・鹿児島・福岡・沖縄)

 

 

ツアーコンダクターの仕事は、決して楽ではない大変な仕事です。
しかし仕事内容にやりがいを持って取り組んでいるツアーコンダクターの方は、やはり輝いています。
皆さんの夢がかない、イキイキと活躍されることを願っています